読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFE IS A SHOWTIME

アイドルはわたしを救う

ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」

セクゾンちゃんのコンサートの感想をまとめてたらなんとロミジュリからもうそろそろ2ヶ月だっていうね。なんならセクゾンちゃんからも1ヶ月経っちゃう勢い。
若い子とわたしとじゃ時間の進み方絶対に違うと思う、怖いよ〜!

と謎の言い訳をしつつ、記憶の糸を辿りながらの自分メモ的感想です。

 イントロダクション - ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』

わたしが行ったのはこちら梅田芸術劇場

f:id:mercikinoco:20170426231604j:image

f:id:mercikinoco:20170426231740j:image
エリザベートぶり!おひさおひさ!

いくちゃんへのお花もたくさんあった〜f:id:mercikinoco:20170426231701j:image
普段の梅芸では見かけないような若い男の子たちに混ざって必死で写真撮ったわたし


わたしの入った公演は、ロミオが古川雄大くんでジュリエットはもちろん今回のお目当ての生田絵梨花ちゃん。
他は、ベンヴォーリオ 馬場徹さん
マーキューシオ 小野賢章さん
ティボルト 広瀬友祐さん
死 大貫勇輔さん
という組み合わせ。
(キャスト表の写真も撮ってたんだけど、うっすらと亡霊みたいな自分も写ってたので自粛)

ロミオ&ジュリエットといえば説明もいらないくらいに有名なシェイクスピアの名作なわけなんだけど、 今回の舞台は前回に引き続き現代風にアレンジされているのでスマホとか出てくるし衣装もスカジャン着てたり。かわいいの。
初見ではちょっと驚くかもしれないんだけど、わたしとしてはそういう改変はレオナルド・ディカプリオ版のロミジュリですでに経験済みなので全く気にならず。

f:id:mercikinoco:20170426232719j:imageこんな感じだし

当時レオ様好きだったから映画観に行ったしなんならビデオも買ったな〜!(当時からミーハー)
内容的にはツッコミどころ多めではあるんだけどとにかくこの時期のレオのかっこよさったらない。美しい。ロミオのお姿観れるだけで全然元取れるからね。

f:id:mercikinoco:20170426232337j:image

f:id:mercikinoco:20170426232601j:image
クレア・デーンズもすごくかわいいよ!f:id:mercikinoco:20170426232611j:image最高〜〜〜♡
映像もキレイだし音楽も良い(レディオヘッドとかカーディガンズとか!)個人的にはすごく好きな映画です。
あっまた脱線…( ◜◡◝ )

まずはお目当てだったいくちゃんの感想を。
とにかく可憐で華奢でお人形さんのようにかわいかった!知ってたけど!
肝心の歌は、お母さん目線で少しだけ心配していたのだけどこれが思っていた以上に良かった。
先に公開されてた歌唱シーンより安定してたと思う。忙しい中ですごく頑張ったんだろうなぁ…(´;ω;`)ウッ…
いくちゃん出てきた瞬間から早速ちょっと泣いたからね!ってどんだけ!
演技の面では、特にラブシーンでは少し硬いかな?と思うところもあったんだけど、でもそこが恋に恋してるような感じというのか、初々しいピュアな雰囲気が出てよかったのかも。
ジュリエットちゃん、18歳まで携帯は持たせてもらえない設定だし。
これからはもう少しセリフに感情が乗せられるようになってくるんじゃないかなぁ、努力家ないくちゃんだもんね。
とにかく華があったしキラキラしてた。
そればっかりは努力だけで出せるものではないしアイドルとしての活動があるからこそだと思う。
レミゼのコゼットがいまから楽しみ。
こないだの乃木中でも貪欲に宣伝してて、いくちゃんのそういうところが好き♡って思ったよ。

ロミオ役の古川くんはエリザベート以来。
安定してるしとにかく美しい。
今回客席の通路から登場するシーンがあるんだけど、ちょうどわたしの座ってた席の目の前に現れたもんだから内心ドキドキ。
至近距離で見てもお顔が小さくて整っていて、きぇぇぇぇって変な声出そうになった。すんげえいい匂いしたし←変態
古川ロミオと生田ジュリエットの組み合わせは少女漫画的カップルというか、現実感薄めでロミジュリの世界には合ってるなぁと感じたんだけど、大野ロミオ相手だとどんないくちゃんだったんだろう〜って少し気になった。
番宣の感じだと大野くんすごく明るくてさわやかでモテそうな雰囲気だったから、きっと素敵なロミオだったんだろうなぁと。
木下さんも清純な雰囲気でかわいいし、いろんな組み合わせで観たかった!
前回不憫なルドルフの古川くん観たからか、恋する古川くんに「良かったね〜!」って言いたくなったよ、いや今回もめちゃくちゃ不憫な役なんだけどw
死とのダンスも素晴らしかった。
大貫さん恐ろしいけどかっこいい!
エリザベートでも思ったけど古川くんって持ち上げられた時の浮遊感がすごい。わたしより軽そう( ◜◡◝ )
髪型だけが若干わたしの好みではなかったんだけど、それ以外は文句のつけどころ皆無なロミオでした。

他のキャストで気になったのはベンヴォーリオ役の馬場くん。
「99.9で潤(天使)と共演してた人だ!かっこいいね!」くらいの認識しかなかったんだけど歌もお芝居もダンスも安定してて良かったです(ご本人は歌はあまり得意ではないっておっしゃってたようだけどわたしが入った回は不安なく観れた)
キャラクター的にも好きな役柄。
わたしならロミオよりベンヴォーリオと付き合うわ!ニートだけど!
次はヨコの舞台に出るそうで。チケット取れなかったの残念…わたし手塚治虫担なのに!

ティボルトは映画版のイメージが大きくて苦手な役だったんだけど、今回の舞台でのティボルトは粗暴なようで本当は繊細、そして哀愁があって。
自分の生きてる世界へのどうにもならない悲しみや憎しみが伝わってきた感じがして良かった。

あと、ロレンス神父役の坂元さん、ミュージカル好きな方々はもちろんご存知だと思うんだけど、いくちゃんファン的にもソロ曲でデュエットしてる方なのでとても嬉しかったり。

f:id:mercikinoco:20170426233107j:imageかわいい


は〜わたしやっぱりロミジュリ好きだわ!
お話的にはツッコミどころ満載なんだけど、好きな楽曲が多いしなんだかんだ胸キュン(死語)させてくれるんだよね。
いくちゃん目当てで行ったけどどの役者さんも好きになったし楽しくてワクワクできて本当に素晴らしかった。
舞台観劇に関してはまだまだ初心者なので、今後はもっとたくさんのお芝居が観たいな。
いずれジャニヲタ卒業して舞台班に移行していくのかもな〜なんて思ったりもしたよね。
歳も歳だしw

とはいえ次の現場は城ホジュニアコンなので、そろそろセクゾンのコンサートについての感想をまとめたい所存だよ〜!

f:id:mercikinoco:20170426233132p:imageWジュリエット可憐でかわいい

春の光、夏の風

今日は最近観た(と言ってももう1ヶ月も前なんだけど)映画の感想をまとめたいと思います〜!

まずはこちら

f:id:mercikinoco:20170327235147j:image
ラ・ラ・ランド

めっちゃよかった!泣いた!最高〜〜〜!
どうやらわりと賛否両論あるらしいんですけどわたしはとても大好き。

正直前半は「あ〜こういう感じね〜」って結構冷静に観てたんだけど、ラストへ向かっていくにつれマジで涙止まんないから。
絶対にネタバレなしで行ってほしい!絶対だよ、お母さんとの約束ね!
けどこのブログではラストまでの展開はちょいちょいネタバレあるので気をつけて♡

わたしの好きなシーンはまず冒頭。
息が詰まるようなLAの大渋滞のハイウェイ、車から飛び出して歌い出す人々の姿が圧巻で。
カラフルな衣装もかわいいしカメラワークもすごいし(語彙力のなさもすごい)すぐにガッチリ心掴まれたよね!

うちの夫もそうなんだけど、ミュージカル苦手な人って「なんの脈絡もなく歌い出すのが寒い」とか言うけど(わたしからしたら、想いが溢れ出して止まらなくてそれが歌になるんだよ!察して!って思うんだけど)これくらいバーーーン!とやってくれたら否応なしに引き込まれるんじゃないかなぁ。

ミアが、同じく女優目指してる友達に誘われてパーティに行くシーンも好き。
この映画は冒頭からずっと色彩にこだわっていて、ここでもそれぞれカラフルなドレス着てるんだけどこれがもうほんとかわいい。
ミア役のエマ・ストーン、表情が豊かで惹き付けられるよ〜!

f:id:mercikinoco:20170327234928j:image

ポップで素敵!派手!

次はやっぱりここ。

f:id:mercikinoco:20170327234947j:image

丘の上で踊るシーン。美しい!

それもそのはず、日没直後の本当に限られた時間、所謂 "マジックアワー"に撮影されたんだってよ〜!へぇ〜!詳しくはググってちょ!
だからあんな幻想的な雰囲気になったんだね。

このシーン、ミアとセブがカバンから突然タップシューズ取り出して履き替えてから踊り出すのが面白くてキュートで好き。
カバンに入ってんのかよ!ってw
ここも、ミュージカル苦手な人でもちょっとクスッと笑っちゃって楽しく観れるような演出だよね。

グリフィス天文台でのデートのくだりも好き!ってさっきから好き好きうるさいですかね?けど本当にわたしの好きな感じなんだもん!

このあたりから最後まではぜひともネタバレなしで観ていただきたいです。
最後らへんはマジ嗚咽だったからねわたし!
そして隣のおじいちゃんに三度見されたからねわたし!

全編に「雨に唄えば」「シェルブールの雨傘」「ウエストサイドストーリー」などなど、往年のミュージカル映画へのオマージュが感じられてワクワクするんだけど、かと言って、THE!ミュージカル映画!って感じではない気もするんだよね。いやここまで散々ミュージカルミュージカル言ってるんだけどさ。
もちろんミュージカル愛に溢れてて素敵だなぁとは思った!けど決して正統派ではないからこそミュージカル苦手〜って人たちが観ても楽しいんじゃないかな。

いやぁ映画や音楽って本当に素晴らしいね!(雑なまとめ)


次はこちら

f:id:mercikinoco:20170328000309j:image
ハルチカ〜♡顔面偏差値の高さに全わたしが泣いた


ハルチカも、ラ・ラ・ランドと同じく、音楽の素晴らしさを思いっきり堪能できました!

これ本当に全力でオススメしたいくらい名作だと思う!
わたしがセクゾンちゃんのファンだからとかカンナ様のお顔が大好きだからとかそういうの全部一旦横に置いといて、そういうの抜きにしても絶対に好きな映画。
いやもちろんしょりかんの美しさかわいさは大画面で観て欲しいんだけどさ!
なんなのあの2人!生き別れた双子感がすごい!キャスティングしてくれた人ありがとうございます!

正直わたしのような年代が張り切って観に行くにはちょっと恥ずかしい…とは思ったんだけど(吹キュンとか言われたらマジつらいw)いやいや全然!
すでに遠い昔に過ぎ去った時間だからこそ、青春のキラメキや真っ直ぐな想いに思いっきりグッときたし思いっきり泣いた!うん、相変わらずすぐ泣くわたし!( ◜◡◝ )

市井監督も「既に過ぎ去った大人にも届く、響く映画です」ってTwitterでおっしゃってたし。
めっちゃ響いたよね。

もちろん、多感な年代の若い子達がこの映画を観れるってことは純粋に羨ましい。
わたしもそうだったけど、そんな時代に観た映画って宝物のようにきっとずっと心の中に残るもんね。

ちなみに、舞台挨拶中継回を観に行ったので勝利くんとカンナ様、監督の3人の舞台挨拶を観れたんだけどその時に監督が感極まったのか少し泣いてらして。
本当にこの映画を愛してるんだなぁそんな素敵な映画に勝利くんが主演したんだなぁってそこでもまた泣けたりして←泣きすぎ

ハルチカもラストが素晴らしいし、それまでのいろんな伏線の回収っぷりも気持ちいいし、ネタバレなしで観に行ってほしい!

良くも悪くも説明が控えめなお話なんだよね、観てる側に色々と考える余白をあたえてくれてるというのかな?
1回観ただけだとわかりにくい描写もあったりして。勝利くんも言ってたけどとても繊細な映画。
でも個人的にはそういうとこが好き。

あと当たり前だけど音楽というか「音」が最高!
吹奏楽部の演奏ももちろんそうなんだけど、色々な音がこの映画では印象的に使われていて。
日常にはこんなに音が溢れてるんだ!って改めて思ったし、無音のシーンもとても美しくて素晴らしい。

ラ・ラ・ランドに匹敵するかも、いやもしかしたらそれ以上?と思える程に素敵な映画でした。

ハルチカよかった〜♡って人は市井監督の作品「箱入り息子の恋」も観たらいいと思う!オススメ!

って今回もまた長くなってしまった!
いくちゃんのロミジュリもすごく良かったから感想をまとめておきたかったんだけどな〜それも近いうちに…たぶんw

健人くんのお誕生日

本日はわたしの最後の男ことアイドルの天才中島健人くんのお誕生日です!23歳ですおめでとうございます!(∩^o^)⊃━━━━━☆゚.*・。

ちょうどはてなブログから「去年のあなたはこんな記事書いてましたよ〜」ってなお知らせがきてたので、この1年の健人くんのお仕事をいろいろ振り返ってみたりしてたんだけどいやぁ本当に色々ありましたね。
去年の今頃は黒崎くんだったんだよね。
1年って本当にあっという間だね、ババアどんどん寿命減ってるよ!(泣ける)

連ドラなかったのは残念だったけどスペシャルドラマもあって嬉しかったなぁ。
ガードセンターでは千明さまとの並びも良かったし役柄的にも一生懸命でかわいかったよ〜!
ほん怖はマジで怖かったので録画残せなかった…おたく失格…。

an・anでの連載も始まりましたね。あのan・anだよ、すごくない!?サラリとでかい仕事取ってくる健人くんかっこいいよ〜!
とか言ったけど、わたし正直あまりan・an読まないんすよね…できたら愛読書のFUDGEとかvikkaでやってくれたら嬉しかったけど方向性の違いにより無理な案件だなこりゃ。

最近ではツムツムのCMのお仕事。ディズニー関係だよ、すごくない!?(そればっか)
ツムツム長らくやってなかったけど久々に入れ直したからね!まぁ1日でまたフェイドアウトしちゃったけど…ごめんな!いまスクフェスとミラクルニキで手一杯だった!\(^o^)/

わたし昔からディズニー映画が好きで毎回ウキウキウォッチングしに行くしBD買ったりもしてて、いつか健人くんが吹き替えとかしてくれたら嬉しいなぁ♡なんて夢見る夢子ちゃんだったんだけど、今回のツムツムで1歩近付いた気がしたよ!いや知らんけどさ!
でも中島健人くんっていう最強王子様がいるってこと、ディズニー側も少しは認知してくれたんじゃないかなぁ!知らんけど!でもお歌も上手いから突然歌い出す系王子様にも対応できますよ!
ちなみにわたしが好きなディズニープリンスはユージーンと人間に戻る前の野獣だょ♡
あれどっちも王子じゃなくない………?( ◜◡◝ )

相変わらず脱線してるので無理やりまとめると、健人くんって本当にファン思いでみんなにいつも夢を見させてくれるしときめきを与えてくれるし日々を楽しくしてくれる、アイドルの鑑みたいな人だなぁって改めて思う。
そしてなんて愛と優しさに溢れた人なんだろう。めちゃくちゃ面白いしさ。そういうところが好き。
わたしは語彙力がないので、すぐに天才!健人くん天才!って言いがちなのだけど。
なんかもうそんな言葉じゃ追いつかない。どうしよう。

中島健人くん、お誕生日おめでとうございます。
これからもあなたの夢が全部全部叶っていきますように。

#櫻井翔ラップ大賞2017

 

氷結シャルドネスパークリング片手にぼんやりとTwitter徘徊してたら素晴らしきタグとブログを発見。

 #櫻井翔ラップ大賞2017 - SHIO BEAT

えっなにその控えめに言っても天才的なイベント…???参加した過ぎ!!!

わたしのような末端の初老おたくが畏れ多いのでは…と、若さ溢れるお嬢さんたちの瑞々しい文章を読んでちょっとだけ遠い目になったりもしたんだけど、わりと乗っかり体質なのでひっそり乗っかろうと思います!

 

櫻井翔ラップ大賞2017

【名前】きのこ

【担当】担当制度取り入れてない系おたくなんだけど便宜上担当と呼ぶとしたらそれはきっと櫻井翔(長い)

【好きなラップ】
翔さんのラップに関してはこのブログでも何度か暑苦しくウザ語りしてきてるので、今回はいまこのタイミングでよく聴いている曲をチョイスしたよ!なので順位は完全にフィーリング!

ちなみに過去のウザ語りはこちら↓ 

翔さんのお誕生日 - LIFE IS A SHOWTIME 2016年

翔さんのお誕生日 - LIFE IS A SHOWTIME  2017年

 

1位:いつまでも

理由:わたし的好きなラップランキングで常に上位にくる曲。最近聴いて改めて好きだと思ったので。
翔さんの書く詩的なリリックってまさに唯一無二だし情景が目の前に思い浮かぶようで本当に美しいなぁって思うんだけど、この曲もいつもそんな気持ちにさせてくれる。

溢れ出る様波の如く
山を彩る秋の如く

って、まずここだけで「天才!このひと天才!」ってワッショイしたくならない?なるなる!( ◜◡◝ )

身勝手になって 胸に仕舞ってみたって
現在(いま)も光って 未だ光ってしまって…

切ない!めちゃくちゃ切ない!
そして言葉選びが秀逸。
「仕舞う」っていう言葉を平仮名じゃなくて漢字であててみたり、現在と書いて「いま」と読ませるところなんかは他の曲でもちょいちょい出てくるフレーズなんだけど、翔さんらしさを感じられて個人的にとても好きです。

2位:let me down

理由:曲も好きだけどその世界観にバチッとハマってるラップが更に好き〜〜〜!翔さんの声の素晴らしさを堪能できますよね!!!
あと、コンサートDVDでこの曲の時に着てる翔さんの衣装の「Rock the World」の文字が好きだし、とどのつまりの一瞬の翔潤が好きだし(わかりにくい)とにかくレミダンが大好き。あんまりラップ関係なくなってるけど。
君が指揮官babe!!!\(^o^)/

3位:ALL or NOTHING Ver.1.02

理由:セクゾンちゃんのソロコン観てたら風磨くんがこれ歌ってたもんだから!ひぇぇ!あの頃の嵐を懐古しちゃったよね。単純。ビデオ引っ張り出しちゃうわ。結果死にそうになったけど。あれアカンやつ。
それにしてもだ、久々に観たら翔さんめちゃくちゃかわいくてかっこよくてビビった。まぁ常にかわいくてかっこいいんだけどさ(まがお)
初期の翔さんのラップはまだちょっと荒削りな感じがするのがいい〜胸にグッとくるものがあるよ〜( ;∀;)
翔さんが初めて自分で書いたリリック、ということもあっていつになっても特別な曲です。

【好きなラップ(未音源化)】
ペンシリーズはもちろん大好きなんだけど、文才皆無なわたしにはとてもじゃないけど上手く言葉にできなさそうでいろいろと考えていたらなんと一晩経ってたっていう(所謂寝落ち)
というわけで、並み居る未音源化の中から今回わたしはWhere Is the Loveを推したい!
って、これもなかなかハードル高いけどね!w
The Black Eyed Peasの曲のトラックに翔さんのラップが乗っかってる、というものなんだけど、原曲自体が911の後に作られているメッセージ性の強いものなので翔さんのリリックも他の曲に比べて突出して硬派な感じ。
これをジャニーズのアイドルである櫻井翔が書いたってことがもう本当に驚き。おったまげ。ストレート過ぎて、アイドル的にこんな社会派ラップぶっ込んで大丈夫?とさえ思ったよね。
でも、ソロコンでやった数年後に翔さん自身がラジオで「ちょっと青臭い歌詞もあるけど根本にあるものは当時と変わってない」というようなことを言っていて。そういうところ本当にブレない。かっこいい。好き。好き過ぎてつらいからいっそキライになりたい、絶対ならないけど←めんどくさい
いまの翔さんに欠かすことのできない大事なお仕事であるキャスター業に繋がる原点でもあるような気がして、当時から真っ直ぐな目で世界を見てたんだなぁすごい人だなぁって改めて感心してしまう曲です。

ちなみにこちらの原曲、昨年リメイク版が公開されてます。

The Black Eyed Peas - #WHERESTHELOVE ft. The World - YouTube

13年経ったいまもなお、銃による暴力は減ることがなく社会情勢も不安定なまま。
いまの翔さんならどんなバースを乗せてくれるのかなぁ。聴いてみたい。
そういえばthe love likeとかあれからどうなってんの?保留のまま?またラジオやっておくれ〜!!!

【好きなラップ(現場)】
Re(mark)able

2度目のアジアツアーに旅立つ前の、08年国立のあの熱狂の中で聴いてこそ。曲前のメッセージですでにめちゃくちゃ鳥肌立ってテンション上がったもんなぁ。燃え盛る聖火台に合う曲第1位!(わたし調べ)
Theme of ARASHI→COOL&SOULからの流れを汲む、攻めに攻めてる嵐。このあと畳み掛けるようにtruth、Step and Goと続くセトリも最高。ついでに言うとイチオクノホシからHip Popあたりもいいんだよね〜!ときめきゾーン!
わたしの好きな子達めちゃくちゃかっこいいでしょここからどんどん光を手に掴むんだよ〜〜〜!って勝手に自慢毛ぼーぼーだったことを覚えてます。
あと個人的には、DVDでやたら「たいまっつ」「たいまっつ」連呼するくだりが好き。かわいいかよ( ◜◡◝ )

【好きなラップ(番外編)】
勝手に作ったよ番外編!
翔さんの書いたものではないので番外編としたんだけど昔から大好きなのがこちら。

いま愛を語ろう
この曲のラップめちゃくちゃかっこいいよね!当時まだハタチだよね翔さん。そして風邪気味だったんだっけこの時…たまらん…(何がだよ)
曲調自体も大好きだし何より歌詞がシンプルなんだけどストレートに響いてくるのがいい!

ラップで特に好きなのは

がっかりされたくないから
お互いに何か無理をしてた
髪型や着る服にとらわれて気持ちを見て無かった
君にとって欠点でも僕には愛しく思える事
例えば気が強いくせに涙もろいとこもいい

いい…!すごくいい…!!!
風邪気味が巻き起こした奇跡っていうのか、低音が素敵だしちょっと背伸びしてる感?そういったものも含めてめちゃくちゃいい!
いまの翔さんの声でも聴いてみたいなぁ。
アラフェスの時は常にこの曲に入れてたんだけどなぁw是非ともいつかやってください!

 

長くなったけど、た、楽しかった…!!!(感無量)

とりあえずの順位は付けてみたものの、まだまだ他にも好きなのいっぱいあるし(LIFEとかステゴーとかRock thisとかも語りたい案件)(君がいいんだも好き)(Rolling Daysも生で観てより好きになったやつ)体調や精神面でも日々変わると思う。年寄りはそういうとこ顕著。

ラップに関してはすでに何度も一人壁打ち的に呟いてきたものの、今回また翔さんの紡ぎ出す言葉の世界に想いを馳せてみて、改めて「わたしは櫻井翔がすきだー!!!だいすきだー!!!」って全世界に向けて叫びたくなりました。キモい?知ってたーーー!

櫻井翔くんのつむぎ描く芸術は素晴らしい!

楽しいタグをありがとうございました!

翔さんのお誕生日

本日1月25日はわたしの永遠のアイドルこと櫻井翔さん35歳のお誕生日です。

35歳…軽く言ったけど翔さん35歳なのかよ!改めましてびっくりだよ!どんだけキュートな35歳!お顔がいつまでたってもかわいいから困る!わたしが好きになった15年前からちっとも変わらない!ってそれ言い過ぎだよねごめんなさい( ◜◡◝ )って序盤から気持ち悪い感じでお送りしてますが大丈夫ですかね!?

ちなみに今日は昼間っからお友達とお肉を食べて夜にはケーキも食べたよ。なんでも乗っかるよ。

去年、特に好きな翔さんのラップをご紹介してる途中で時間が来ちゃって(どうしても25日中にアップしたかった)中途半端になってしまったので今年こそは!と意気込んでますが実はまたしても時間がないという。
ギリギリでいつも生きていたいタイプですよろしくね!

というわけで、時間が許す限り翔さんイズム、みたいなものをそこはかとなく感じるラップをチョイスしていきたいと思います。

いざッ、Now

 

暖をとるよう寄り添う二人
ふと手をつなぎ かみ合う楔(くさび)
ベル鳴ろうとも少しの不在
一秒先は 現在も昔
雪が止むことだけが決まってるなら
現在はこうして掴んでる、ただ
あなたにとってどうかな
今日からをずっとずっとHoly night
Christmas time is coming to town
いつか未来に赤い絨毯
そこは何人(なんびと)たり邪魔ない空間
腕 胸の中で 夢の中へ
(2005年 二人の記念日)

大好き!名曲!
昔翔さんがやってたラジオではラップ完全版なるものも流されたりしてたので、翔さんが好きな人たちには思い入れのある曲なんではないでしょうか!(決めつけ)
情景や温度感が思い浮かんでくるような、翔さんだからこそ書けるであろう詩的で美しいリリック。
こういう系統の翔さんのリリック本当に好きで。去年のお誕生日に書いた「夏の名前」とかもね、素晴らしく美しいよね!小説かのような印象。
「風」や「LIFE」あたりもこの系統に勝手に入れてるんだけど、”生きるため故生きるのかい?"なんてラップに乗せてくるあたりが翔さんらしくて好き。
二人の記念日はストレートなラブソングだからか、ラップもちょい甘でいいんだよね。こういうの今の櫻井くん目線でもっとお願いしたい〜!

 

待ってるだけではしょうがない
僕は立ち止まってる方が辛い
だって僕ら見るのは昨日じゃなくいつでも今日じゃない?
(2007年 Future)

翔さんって常に前を見て立ち止まらない、攻めの一手!みたいなイメージなあるからこれ聴く度に「翔さんカッケーよ翔さん!」ってなるしわたしもそうありたいってめちゃくちゃ励まされるんだけど、ちょっと心配でもあって(モンペ発動)
昔の雑誌でも「攻撃は最大の防御」だって言ってたし、別に死にゃしないから無理しろよって自分に言っちゃう人だから。
けどそんな翔さんから伝えられる言葉だからこそストレートに入ってくるのかな、なんて思います。
それでもやっぱり無理しないでねって言いたくなるんだけどさ!モンペ!

 

はやる想い 止まる事なく 
ほかに浮かぶ様な事などなく
届かず 君のもと 轟かすclap ya handz 2times
何か期待しているわけじゃない
かけがえがない気持ちに 絶え間ない
R.and O.C.K YOU 空中浮遊
終わりなき宇宙の様 宇宙 is you
(2007年 ROCK YOU)

はい天才きたこれ。
宇宙 is youって。天才しか思い浮かばないからこれ。
しかもそこ、TimeコンDVD観ていただければわかると思うんだけど櫻井くんマイク離しながら自らフェードアウトしてってっから。天才。あのアナログ感とお顔の可愛さが最高で初見では軽く死ぬかと思いましたよね♡

 

¨あの日 君は僕になんて言ってたっけ…¨
なんて言ったってもう関係ないね
散々会って 段々分かって
季節迫り来て散々泣いて
君は君 夢 でっかく描いて
僕はここから成功を願ってる
「待ってるだけじゃ明日はないから
動いた ここじゃ始まらないから」
先の見えない暗い道路も
それが例え迂回路でも
いまは少し二人とも
つらい表情 しまっておこう
これは別れではない
出逢いたちとのまた新たな始まり
ただ僕はなおあなたに逢いたい
また…
いつか笑ってまた再会 そう絶対
(2007年 still...)

みんな大好きstillぱいせん。ベタなのは承知の上ですがわたしも大好きです。
発売当初は隠れた名曲!とか言われてたけどいまやもう全然隠れてないよね。
「Step and Go」でも思ったんだけど、翔さんって旅立ちとかそういう瞬間を切り取るのがとてもうまい。胸にグッとくるようなリリック。
はじめての国立での翔さんの表情が大好きで、生で観たあの時もそしていまも、ずっと変わらず胸に響く曲です。

 

"君のことなど興味ない"
目の奥に散らばる嘘を拾い
交錯するたびに積もる期待
非常事態 恋みたい 異常事態
君のこと思う症状 手を伸ばすただ一つの方法
l wanna say...
Don't wanna say...
No more想像 濃厚 抱擁
(2010年 スパイラル)

最高!!!←そればっかり
冒頭から、君のことなど興味ない、だからね。
ヒューヒューだよ!
これ言われたいセリフ殿堂入り過ぎる!めちゃくちゃ言われたい!どえむの血が騒ぐ!!!(おい)  そのあとちゃんと恋みたいって言ってくれるとこもアメとムチ感がすごい。
翔さんのラップって詩的で美しいものと、"ペンは剣よりも強し"を地で行くような少し攻撃的なくらいに攻めてるものと、低音の魅力満載で大人っぽくてセクシーな系統があると勝手に思ってるんだけど、これはSexy SHOWの筆頭株主
他にもSecret Eyesやマダ上ヲ、let me downとか、あっ思いのほかあるなぁ。言い足りないね。
最近だとRolling Daysとか最高でした。
全櫻井担が軽率にお陀仏(死語)したと思います!


と、ここまで長々と書いてきましたが結局また時間なくなりそうなので、そろそろまとめ。ああまだたくさん好きなのあるのに。夜を徹して語り明かしたい。


翔さんのラップで好きなものは本当に多くて1つに絞ることは到底できないんだけど、その中で選ぶとしたならやっぱりわたしはHip Pop Boogieを挙げたいと思います。

嵐のアルバム「Dream “A" Live」に入ってる翔さんソロ曲。COOL&SOULやRe(mark)ableあたりと同様の攻めの一手なかっこいい翔さんを思いっきり堪能できる楽曲です。

さっきのstill...と同じく、08年の国立でこの曲を聴いた時、この場にいれるのが本当に幸せで誇らしくて泣きそうになったことをいまでも鮮明に覚えてる。
死ぬ時に本当に走馬灯ってやつが見れるのなら絶対あの日が見れるって信じてるからね(怖い)

それほど思い入れがある曲だから、宮城でchapter IIが披露された時にその場にいられなかったことはかなり凹んだ。
その場にいられない不甲斐なさ。
だけどBDを観てわたしの怨念はあっさりと成仏した。だって翔さんは宇宙一かっこよくて宇宙一強い。翔さんが"いま"思っている言葉を届けてもらえるだけでわたしはめちゃくちゃ幸せになれるみたいだ。単純。

だめだ、全然まとまらない、語彙力カモン!щ(゚Д゚щ)
Hip Pop Boogieについてはまた改めてポエム綴りたい案件。

とにもかくにも35歳です。
34歳も忙しかったよね。久々にシングルにラップが入ったりアリーナツアーも久々だったし、ドラマもお久しぶりだった。
ドラマ、すごく良かったです。あれもまた翔さんだからこそのお仕事だったと思います。かっこよかった。
木更津入りのジャニヲタだからかな、ドラマやってる翔さん大好きです。
次は不倫とかしちゃうような悪い役観たい。絶対似合う。待ってますね( ◜◡◝ )

35歳の翔さんもきっと忙しいだろうなぁ。
忙しいほど頑張っちゃうし張り切っちゃうめんどくさい人。そこが好き。心配だけど。でもほらわたしもめんどくさい女だし。気が合う。

翔さんは「ぼくのファンは気の毒だ」なんて事を言ったりする。特定の人へのファンサはしないから、だって。知ってた。そこが好き。
なんならそんなところをかっこいいと思ってるし、だからこそ好きになったんだよってちょっと自慢に思ったりもする。
だからこれからも翔さんは翔さんらしく、その道を進んで行ってくれたら、それだけでわたしは多分ずっと幸せ。

35歳おめでとうございます。

ジャニーズ楽曲大賞2016

今年の楽曲大賞も残すところはベストバイ部門の発表のみ。

わたしも毎年細々と参加させてもらってるんだけど、今回はギリギリ駆け込みでほとんどコメント書けなかったのでここにまとめたいと思います。

 

楽曲部門

去年おたく活動がわりとコンパクトだったので他のグループにも視野を広げたい〜なんて思っていたにも関わらず、結局いつものメンツにおさまった今回。
そして相変わらず「単純に曲が好き」か「みんなにお伝えしたい、推したい」のどっちを選ぶか迷った。どっちでもいいじゃん!って思うんだけどそこ迷っちゃうめんどくせえわたしな。
ちなみに今回は去年と違って「単純に曲が好き」に比重かかってます。

1位 To my homies/嵐
嵐のアルバム「Are You Happy?」に収録の我らが櫻井翔プロデュース曲。
今回のアルバムではそれぞれのプロデュースする曲があったんだけど、どれもこれも個性溢れててよかった〜!
すでにすごい熱量で語ってるのでよかったらこちらも。

真っ正面から行こうよ 愛を信じてる - LIFE IS A SHOWTIME
実は嵐1位に入れるのは久々。
ここ数年はじゃんぷちゃんの曲が好きだったりセクゾンちゃん推すのに必死だったもんな〜( ◜◡◝ )
もちろんいまも全力で推してるけどな!セクゾンちゃん孫だから!(必死)

2位 Baby Blue/松本潤
翔さんソロでも健人くんソロでもなく潤ちゃんソロ選ぶわたしを許してほしい!おまえ誰担だよ!とか言わないでほしい!わたしそもそも担当制度取り入れてないから!(開き直り)
というわけで天使こと松本潤くんソロ曲です。
とにかく曲が好きっていうのが1番なんだけど、実はわたし潤くんのちょっと鼻にかかったような甘い歌声も大好き。
しぇけしぇけみたいなセクシー路線もいいけどこういう感じの潤くんも最高じゃない!?
あ〜ツアーで観たかった!ってまたそっちの感情に引っ張られてしまうんだけどなんとか成仏していまはBD発売待ちです。わたし大人になった。
大阪生まれ渋谷系育ちのおれにスマッシュヒットなこちら、中島健人くんもオススメのこちら、ぜひ聴いてみてもらいたいです。

3位 Hey!! Summer Honey/中島健人
そんな健人くんのソロ曲は今回も秀逸でした。
作詞作曲中島健人。天才。知ってたけど天才。
夏のソロコンに行けなかったこともあって「わたしには健人くんを応援するものとしての資格がねえ…」っていうわけのわからん引け目?負い目?みたいなのが心に生まれてしまって(いうても掛け持ちだし!一途な健人担から嫌われがちな掛け持ち\(^o^)/)少しだけ健人くん応援することから距離を置いてる感がなきにしもあらず、なんだけどこの曲は褒めちぎりたい。
健人くんほど真摯にアイドルに向き合って人ってなかなかいないんじゃないかな。
そんな人と同じ時代に生きてられるだけで幸せ〜わたしの謎の引け目みたいなものなんてちっぽけやで!って思うよね。

4位 TWO TO TANGO/嵐
こういう翔さんが!大好きだー!って世界の中心で叫びたい楽曲。
歌割りもいいんだけどラップがね!最高だよね!
翔さんにはいつまでも攻めていてほしい民だからね!研いだ爪隠し牙をむく〜〜〜!
これをアルバムの通常盤だけにしれっと入れてくるあたりも好きです。

5位 Black of night/関ジャニ∞
やすだくんの作る曲に盲目的な信頼をよせてるわたしだよ〜!
そのうえ、踊る君を見て恋が始まって〜♪系なわたしでもあるのでこの曲は最初から好きに決まってるやつ。
バンドのエイトもいいけど踊るエイトが好きなんだよね。あんまり踊らないけど。
やすくんが小さい体を全部使って踊る姿マジで尊いから〜( ;∀;)
バッキバキに踊る曲をシングルにするのはダメなのかな?バンド定着しつつあるんだから次は踊るエイトさん、お願いしたいよね〜!

他に投票したかった曲たち〜

  • Miss Mysterious
  • Perfect Potion
  • キャラメルドリーム
  • Love Confusion
  • 誰にも解けないミステリー
  • Make my day

って!この辺りのセクゾンちゃん曲全部去年だからね!むりむり!名曲揃い過ぎかよ!
去年はセクゾンの楽曲大賞の方でミスミスやラブコンは投票したのでそこで満足しちゃったような感じはあるかもな〜。

ノスタルジックなメロディーといままでのKinKi の歴史を感じる歌詞。去年1番のエモソング(わたし調べ)
テレビで観るたびに家族で「シャルドネ〜!シャルドネきた〜!」ってなるくらい好きでした。
2位おめでと〜♡

これは関西ジュニアの曲だから!っていう変な感傷みたいなものもあったけど、WESTとして歌う姿を観て単純にとても胸にグッときて泣けたし、これから先も彼らにはどんどん大きくなっていってほしいなぁと心から思った。

  • 青春ブギ/嵐

嵐は一生青春しててね!

他にもV6のBeautiful WorldやJUMPちゃんのMasquerade、KAT-TUNのUNLOCKあたりが好きだったな〜世界はこんなに美しいよ〜!

 

未音源化部門

ツアーで聴いて改めて「この曲に入れたわたし天才か〜?(自画自賛)」と思った曲。
亮ちゃんの事が愛しくて仕方なくなったよね。
そして嬉しいことに次のシングルに入るんだってよ!わーいわーい!

 

MV部門

時間がなくて色々と見返すことができなかったので今回は投票せず。
NOROSHIの和装と復活ラブの斗真は最高だった〜!斗真あいしてる!

 

現場部門

  • ARASHI "Japonism Show" in ARENA

ここはセクゾンちゃんツアーとめちゃくちゃ悩んだ!
わたしが入ったのは城ホのオーラスだったので、本当にすっごく楽しくて幸せで泣けて泣けて仕方なかった…。
多分あの日入った人たちみんなそう感じたと思うけど、あんなに盛り上がることってそうそうないしSexy Zoneがまたここから始まるんだって強く思えた気がしてとても感激したんだよね。
エモいって言葉の意味を肌で感じることもできたしね!
それくらい最高の現場だったんだけど、今年のわたしのテーマは単純に好きで単純に楽しかったものから選ぶって事なので嵐のアリーナを1位に。あゆはぴ行けてたらまた違ってたのかもしれないけどね。
アリーナサイズでわちゃわちゃする嵐おじさんたちがもう本当にかわいくて、泣けるくらいの多幸感溢れる現場だったなぁと改めて。
そして実はここで、わたしのようなしょぼくれた末端おたく(どんだけ卑屈やねん)のコメントを採用してもらっていました。わーい!


ぼんやりとTL眺めてたら「わたしと同じような事書いてる〜いやん気が合う〜ん?ちょっと待てよ!?わたしでは!?」ってなったっていう( ◜◡◝ )
他のおたくの皆様に比べたら普通というか凡庸なコメントなのでなんとも恥ずかしいんだけど、読んでもらえるのは嬉しいもんなんだなぁと思いました。

 

ベストバイ部門

  • ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism

ここもね!ウェルセクツアーと悩んだよね!
観た回数の多さではこちらに軍配が上がったので。
とにかく映像が美しい!
嵐のツアー映像に関しては毎回賛否両論あるみたいなんだけど、わたしとしては俯瞰で全体を楽しめるのはありがたいし制御されてるペンライトの光の圧倒的な美しさ含め、すばらしいエンターテインメントだなぁと思ってます。ありがとうBlu-ray画質!

 

自担部門

もうね、何回も言うけどわたし担当制度取り入れてないからマジで毎年ここは困るんだよね!!!
去年も散々ウダウダ言ったけど今年も言っちゃう!
便宜上とても便利なので〇〇担って言葉はよく使うんだけどさ、わたし自身はいまだに自担問題を抱えて生きてる!←おおげさ
去年は悩んだ挙句、所謂ジャニヲタというものになってはじめて櫻井くん以外の子を自担部門に選んだんだけど今年は結局元サヤってやつ…。
いまも健人くんのことは大好きだし最後の男だし1番推してるってことは変わらない!けどそれでもやっぱり自担と呼べるのは結局櫻井くんしかいないんだなぁと1年かけてたどり着いた次第です毎度おなじみめんどくせえババアの戯言ですご清聴ありがとうございました♡

はぁ今年も楽しかったなぁ〜!
楽曲大賞の中の方には、今年も楽しいイベントをありがとうございます!と全力でお伝えしたいです。
そういえば楽曲大賞さん、なんか大変そうだったけど…大丈夫だったんだろうか…と末端のおたくことわたしも遠くから心配しつつ感謝してます。

あ〜ジャニーズ今年もやっぱりめちゃくちゃ楽しいな〜!\(^o^)/

関ジャニ'sエイターテインメント

2017年最初の現場は今年も関ジャニ∞でした。

エイトに関しては思いっきり茶の間化しているというのにオーラス申し込んでごめんなさい…という謎の恐縮感。

しかもわたしの名義が張り切ってくれて久々のアリーナでトロッコ通るブロックの最前列。アリーナ自体は長居ぶりかなぁ。近さでいうと∞祭くらいな体感温度

 

ただ、今回は360度ステージということもあって反対側に行くともう全く見えないというね。パズルの時みたいな感じ?と言えば伝わるかな。センステに大きなスクリーンもあるんだけど近すぎて首痛いのなんの(贅沢病)

みんな沸いてるけどなに!なにが起こっているの!って置いてかれぶりがすごかった。死角には勝てない。

けどそれでもやっぱりすごく楽しかったよ〜!

前置きが長くなりましたが感想などをぽつぽつと。

 

  • オープニング映像

今回セトリをざっくり確認したくらいだったので突然のヤクザ達にビックリ。

パッチやキングオブ男を彷彿とさせるようなワイルドでダーティな雰囲気。

その中にもハイヒール姐さんやミヤネ屋の登場にエイトらしい笑いもあって。

最後らへんではやすだくんがわたしを守りきれずに慟哭するみたいなプレイも楽しめます!なにあのくだり最高かよ!

あとで知ったところによると中村監督と亮ちゃんが監修したらしく。納得。

 

  • NOROSHI

イントロが流れ始めて会場がめちゃくちゃ沸いてるけど早速なにがなんだかわからない置いていかれ組のわたしたち。

なんと今回アリーナの後ろの方から歩いてご登場。

スクリーンに映るエイトのかっこよさ!関八組背負ってまっせ!的な。

NOROSHI大好きなのでもうこの瞬間でテンションはMAXでした(はやい)

 

  • ブリュレ

ブリュレ!好きだけどまたブリュレ!って思ってごめんなさい。

ここ不意打ちWASABIでも良かったんじゃ…って気持ちもなくもないが、なんでも美味しくいただくポジティブモンスターことわたしなのでここは激しめに飛ばせてもらいました(ウソです京セラ飛んじゃダメゼッタイ♡)

赤いスーツかっこよかった。

あと、今回センステの外側が回るようになっていてメンバーが順番に回ってくるんだけどその回転速度がすごい早くて「ちょwマジかw」って笑ってしまった。あっやすくん!あっヨコ!あっ!?つってる間にいなくなるっていうね。そこだけはもう少しゆっくりめでお願いしたかったよねw

 

  • RAGE

すきーーー!だいすきーーー!\(^o^)/

ここで花道方面にみんな移動して行って、これ本当に反対側全く見えないわ!って実感。

遠くにいる好きな子を双眼鏡で執拗に追うのが好きな変態タイプのわたしには少し見にくいお席でした。近くに来てくれた時は本当に近くでそれはやっぱり嬉しいんだけどね。

つかみ取る村上くんと一緒にわたしも手を伸ばしたよ!

 

  • 浮世踊リビト

セトリだけは先に確認しておいたのでこの曲を1番楽しみに、なんならこのためにここに来た!くらいのテンションでのぞんだのでキタ━(゚∀゚)━!感がすごかった(わたしの)

でもこの曲がちょうどトロッコタイムで目の前を大倉、ヨコ、やすくんってどんどん通っていくのでそっちに気を取られてしまって曲自体を堪能できる感じではなかったのが残念。喜びをかみしめたかった〜!

ヨコは相変わらず白くて発光してた。

最前列は逆に近すぎて首痛いっていうか、ちょっと見下ろされる感じになるんだけどそれがまたヨコのドSぽい目つきを味わえてありがたさしかなかった←変態

ちなみにやすだくんはわたしの目の前にきたらいつも反対側を向くっていう悲しいジンクスみたいなものがあるんだけど、今回も華麗にあっち側をお向きになりました。おケツかわいいから全然いいけど!ヨッ妖怪ケツ洗い!

 

  • メンバー挨拶

りょんが「おれがー!錦戸亮だ!」ジャンッ!(ドラム音)みたいのを何回か繰り返してて劇的にかわいかったことと、マルちゃんが「空前絶後のーーー!ギャグアイドル!」って叫んでたことしか覚えてない( ◜◡◝ )空前絶後のギャグアイドル!( ◜◡◝ )

 

  • パノラマ
  • T.W.L

エイトの皆さんの衣装がダサ…いやトンチキだった。派手ェェェ…。

キッズダンサーのかわいさに癒されたしなんならお手振りしてもらってきゅんきゅんした。しゅごいかわいいいいい♡

ょぅじょたちとニコニコ笑いあいながら歌うエイトがお父さんみたいで本当にかわいくておばーちゃん目頭が熱く…←だれ

 

  • エイトレンジャー

オープニング映像のヤクザなエイトちゃんたちがそのままエイトレンジャーになってる映像が流れる。シュール…w

モモコ姐さんがリンゴ姐さんになってたのにはわろたけどこれ京セラ以外でウケたのか?心配♡

コントかな?と思ってたらイリュージョンコーナーだった。

大倉くんがフライング!?ってときめいたのにめっちゃ低空飛行だったり、マルちゃんのマスクマジック!?って前のめりになったのに最後はただの顔芸だったり(すき)そういうとこエイトらしくてイイヨイイヨ〜ってなった単純なわたし。

でもナスがすぐ死ぬのいや〜モンペだから〜!最後ゾンビだし〜!

 

  • 王様クリニック

ってプンプンしてたらEXILEみ溢れるダンサー引き連れてタカツキング登場。

村上くんってスタイルめちゃくちゃいいし踊る姿もかっこいいよね。どんどん踊って欲しい。

 

  • The Light

やすだくんとマルちゃん!山田!

照明も衣装も青系ですっごい綺麗だった…。

山田のハーモニーが大好きなのでこの曲は浮世に続くわたし的ご注目ポイントだったんだけどなんかすごく感動してしまって苦しいくらいでした。

 

  • 罪と夏
  • がむしゃら行進曲
  • イッツマイソウル

このあたりはフロートでメドレー形式だったかな?違ってたらごめんなさい。

がむしゃらとイツマイは久々でも全然踊れる。体が覚えてる。

特にイツマイはどれくらい振りだろう?すごい久しぶりな気がしたから嬉しかった。

嵐でもエイトでも踊れる曲は全力で踊りたい系おたくなので、おっBBAがヨボヨボ踊ってるな!ヤバイな!って思ってもなるべく生暖かく見守ってくれたら幸いです♡

 

  • なぐりガキBEAT

ヨコのトランペット〜!(´;ω;`)

このあたり記憶喪失気味なんだけど隣の娘がダンスかわいい三馬鹿かわいいって言ってたなような気がするからかわいかったんだと思う!(適当か)

 

  • MC

・大倉「MC中にトイレ行く方多いんやね〜オレなら我慢する」

ヨコ「MC結構定評あるのに」

すばるくん「ちゃんと拭いてこいよ!」

・前日韓国料理食べに行ったっていうお話

・横山くんの嫁みたいな村上くん

・「亮がなんでもうまいうまいって食べてた」かわいい

・「うまくて3杯?くらいお代わりしたけど結局食べられなくて、しょーちゃんに食べてもらった」かわいい

・ヤンマーは天使

・突然某貴族のことをあけっぴろげに宣伝してくる大倉くん

・「1000店舗目指してます」鳥ギャグ貴族ギャグがある株主アイドル大倉忠義推せる

・ここらへんだったかどうかうろ覚えなんだけど山田が久々に漫才!いぇいいぇい

・山田も天使

 

<アコースティックコーナー>

  • I to U

日替わりだってことは知ってたけどこの日がどの曲なのか確認してなかったので嬉しかった〜!

ちょっと泣けてしまってババアの涙腺ユルさに驚きを隠せなかったよね!

 

  • 言ったじゃないスカ

スカバージョン。

言ったじゃないスカ〜ってめちゃくちゃかわいいなおい。

 

  • ローリング・コースター

りょんが「今日は最後だからもう1曲。僕の1番好きな曲。この子だけ1回少ないからやらせてもらいたいなって」

この子!この子って言い方!かわいさのかたまり!今回本当にりょんがずっとかわいくて時折目頭熱くなったよね←熱くなりすぎ

告知コーナー。山田の漫才ここだったかも!うろ覚えでごめんなさい〜。

そういうばやすだくん「めっちゃ面白かったんですよ!」つってたねw

まるるは終始アワアワしてたのに、メンタル強くてそういうとこが好きだよ。

いやでも個人的には田中コンビより面白いって思ってたからねわたしも!当時から関西推し!大阪で生まれたおんなやさかい!

 

  • ハダカ

すばるくんとヨコ。

ハダカ、ってタイトルだけあってわりと露出。トンチキ衣装ふたたび。

この時おもむろに双眼鏡つかんでじっとり見てたのを、娘が後から「ちょっとひいた」って言ってて反省した。けど後悔はしてない。

ヨコのトランペットが少し不調だっぽい?けど他の曲ではすごく上手くなったなぁって思ったよ。

振付も覚えて一緒に踊りたい感じだったような気がするんだけど、衣装のインパクトで全然思い出せないのが残念。

 

  • Steal your love

tornのおふたり。

やらっちの振付だって!そらもうこんなんみんな好きなやつですやん!わたしも大好きですありがとうございます!

とはいえこの2人だと、もっと激しい絡み的なものがあるとますます良かったかもね?

わたしは触れそうで触れない…みたいなのが好きなのでめちゃくちゃ滾りましたが!

踊るエイト求めがちなわたしにはとってもテンション上がる曲でした。

 

  • Black of night

まさにこれこそがわたしが求める踊るエイト!

本当にかっこよくて息を呑むってこういう瞬間か!と。

もうね、いつも言うけどやすだくんの提供してくれる楽曲には信頼しかない。信頼と安心のやすだ。

今回もかっこよくて、それでいて儚くて、エイトの為の曲だなぁって心から思ったよ。ありがとうやすくん!

ところで、すばるくんがあんなにガッツリ踊ってるのも久しぶりに観たような?っていうか今回すばるくんお手振りをめっちゃするしニコニコ笑顔だし、どうした?なにがあった?って一瞬心配になったくらいだけど最後まですごく楽しそうで、なによりかわいかったからもうそれでいいやってこれまた単純なわたしだよ!けど本当にそれでいいんだよ、すばるくんは好きなように生きてくれて笑いたい時に笑って幸せに暮らしてくれたらもうそれで(なんの話)

 

  • キングオブ男
  • 前向きスクリーム!

ここも一緒に踊って楽しかったな〜!

みんなが花道にバラけるとまたもや全く何も見えなくてぽつーん感が出てくるんだけど、スクリーンで脳内補完したり近くにきてくれるメンバー見たりして楽しんだ。

気まずいの「つっぱって!」のくだりは今回も全おたくが全力待機。そしてニヤつくりょんりょんのチョロさ。

どんだけすばるくんすきやねん!w

 

<映像 バンドセッション>

マルちゃんがボーカルのバンドバージョン粉もん聴けるなんて!なんていうラッキーガールだよわたし!(と京セラに集いの皆様)

この時点でどんどんアドレナリン出てるのわかるくらいテンションが上がっていく。

Y字開脚!M字開脚!V字開脚!(わろた)

 

  • Tokyo holic

ここでわたしペンラもうちわも放り出したから。ライブハウスかよ!いやフェスかよ!って自分にツッコミ入れたいくらいの高まりっぷりに自分でもちょっと驚きました。腕振り上げ過ぎて次の日筋肉痛にもなったし(老体にムチ)

多分周りからしたら「ん、どした?おばちゃん?( ◜◡◝ )」って思われるくらいにはすんげえノリノリだったと思う、わたしと隣の友達(ロックファン)

けどそうなるよねこの曲。今回1番のエモポイント挙げるなら絶対ここ。

タイトルもかっこいいし、スクリーンにエヴァみたいにどーんって出てくる歌詞もかっこいい…!興奮のあまり全然追えなかったけど…!

大阪出身の亮ちゃんだからこそ書ける曲。いやそれだけじゃないね、文字通り体もちっちゃいかわいい頃からずっとずっと亮ちゃんは東京でお仕事をしてきてた。

拠点が東京になって最後の砦のようだったマルちゃんも向こうで暮らすようになってすっかりみんなが東京に馴染んでいったように見えて、もしかしたら昔からのファンはちょっとさみしさもあったかもしれない。もちろん嬉しい気持ちの方が大きかっただろうけど。

わたしもずっと大阪だしこの先も一生ここを離れる気はない。

夫が東京に転勤になった時も単身赴任してもらったし大阪以外で暮らす自分は考えられないくらい大阪が好き。

東京がなんぼのもんじゃい!!!って気持ちも少なからずある。大阪バンザイだ。

けど大阪にいてたら挑戦できないこともきっとたくさんある。

特に彼らが仕事をしているような世界では。

その中でも亮ちゃんはずっと人の2倍頑張らないといけなかった。普通では有り得ないことだ。でもさ、当時のりょん、そんな素振り一切見せなかったよなぁ…。頑張ってるとか努力してるって姿全く見せずに涼しい顔してた(ようにわたしには見えた)

そんな彼が歌う「そんな上から見んなや、こっちも必死なんじゃ!」にはノリノリで飛び跳ねながらも感極まって泣きそうだった。

かっこいいよ亮ちゃん。

I don’t like you Tokyoが最終的にはI can't hate you Tokyoになるあたりも胸熱。

 

って長いな…おまえ誰担だよ!くらいの熱量でまだまだ言い足りないくらい。

まぁわたしごときが語れる事では到底ないんだけどさ。うまくまとめられなかったし。

とにかく、いつもは大阪コールで楽しいエイトコンだけど今回Tokyo!Tokyo!って拳突き上げて叫んで、本当にすごくすごく楽しかったよ。

 

からの!象ーーー!大好き!\(^o^)/

最高の流れだよね。

これバンドでやるには難しいよな〜って思ってた曲がいまこうやってバンドで聴けるっていう贅沢さ。

実は昔、といっても3年前くらいまでかな?その頃までは高橋優くんが好きでよくライブに行ってて。握手会的なものにも行ったなぁw

けど売れる前が好き、というかどのアーティストもわりとインディーズからファーストアルバムくらいまでが好きっていう変な性癖みたいなのがあって。世間に見つかると興味なくなっちゃうんだよなぁ、めんどくさい女だなぁ我ながら!

そんな感じで、優くんへの熱も若干さめてしまってたんだけど、象聴いて「あ〜やっぱり好きかも!」ってなったので今年久々にライブ行ってきます!←何の報告

めんどくさいのに単純…( ◜◡◝ )

 

  • 挨拶

大倉くんが去年のオーラスについて触れていて、こうやってみんなが揃うってことは当たり前のことではないし、わたしもこれからも後悔のないように一生懸命生きていきたいなぁなんて改めて思ったりしました。

大倉くんの言葉っていつも正直で素直で好き。

 

  • NOROSHI

ここでバンドでのNOROSHI。

すばるくんのソロでのアップには京セラ中の女子たちがやられたね!

最後までかっこよくて楽しかった!

 

<アンコール>

気球に乗って登場。アリーナからは見えにくかったんだけどみんな楽しそうで幸せな気持ちになったよ。首はだいぶ痛かった。

 

  • オモイダマ

すばるくんがすごいいい顔して歌うもんだから嬉しくてたまらなかった。

 

<ダブルアンコール>

  • TAKOYAKI in my heart

最初セトリ見て、「今回たこ焼きペンラなのに歌わんのかいっ」ってツッコミ入れてたんだけど最後の最後にこれ。

TokyoTokyo言ったあとで大阪大阪。

最後まで、最高で最強に楽しい関ジャニ∞でした!

 

はぁまたしても長くなってしまった…今年はもう少しうまくまとめることが目標だな(反省)

 今回のセトリを最初に見た時、実は少しだけ残念な気持ちになりました。

アルバム引っ下げないツアーだから昔の曲や日の目を見ていないカップリング曲やってくれるかも!なんて勝手に思ってたから。

それがわりと意外性ないと言うかあっそういう感じか〜〜〜みたいな。

それこそ浮世くらいかなぁ、おっ!と思ったの。

そんな感じであまりワクワク感ないかも?なんて思ったりもしたんだけど実際入ったらすごく楽しかったしワクワクした。

あ〜外野がごめんなさい!スライディング土下座!!!

さっきから単純単純言ってるけど本当にわたしって単純。

実際入ってみてそれが楽しいと感じたらもうそれでいいやー!(大の字)って。

あ、死角が多くて反対側の花道行ったらまっっったく何も見えなくなったのは残念だった〜!元々近さは求めてないタイプでできたら俯瞰でまんべんなく見たいからアリーナじゃない方が楽しめたかも?あと、周りには銀テ降り注いでるのにわたしたちのゾーンだけ全く降ってこない境目ゾーンだったのはわろた。こんなことってあるんやな!みたいな。でも争奪戦に巻き込まれなかったのはよかった!怖いからwその点くらいかな、気になったところは。

 

わたしのおたく活動の場のメインは嵐とセクゾンちゃんだし、エイトは毎回「よそもんがお邪魔させてもらってます〜すみません〜」なスタンスなので、もしかしたら全然的はずれな感想を書いてるかもしれない。

けど今回感じたエイトにしかないエモさや楽しさ多幸感は絶対にホンモノ。

これからも許されるならばエイトの現場に乗り込みたい所存ですよろしくお願いします!