LIFE IS A SHOWTIME

アイドルはわたしを救う

翔さんのお誕生日

本日1月25日はわたしの永遠のアイドルこと櫻井翔さん35歳のお誕生日です。

35歳…軽く言ったけど翔さん35歳なのかよ!改めましてびっくりだよ!どんだけキュートな35歳!お顔がいつまでたってもかわいいから困る!わたしが好きになった15年前からちっとも変わらない!ってそれ言い過ぎだよねごめんなさい( ◜◡◝ )って序盤から気持ち悪い感じでお送りしてますが大丈夫ですかね!?

ちなみに今日は昼間っからお友達とお肉を食べて夜にはケーキも食べたよ。なんでも乗っかるよ。

去年、特に好きな翔さんのラップをご紹介してる途中で時間が来ちゃって(どうしても25日中にアップしたかった)中途半端になってしまったので今年こそは!と意気込んでますが実はまたしても時間がないという。
ギリギリでいつも生きていたいタイプですよろしくね!

というわけで、時間が許す限り翔さんイズム、みたいなものをそこはかとなく感じるラップをチョイスしていきたいと思います。

いざッ、Now

 

暖をとるよう寄り添う二人
ふと手をつなぎ かみ合う楔(くさび)
ベル鳴ろうとも少しの不在
一秒先は 現在も昔
雪が止むことだけが決まってるなら
現在はこうして掴んでる、ただ
あなたにとってどうかな
今日からをずっとずっとHoly night
Christmas time is coming to town
いつか未来に赤い絨毯
そこは何人(なんびと)たり邪魔ない空間
腕 胸の中で 夢の中へ
(2005年 二人の記念日)

大好き!名曲!
昔翔さんがやってたラジオではラップ完全版なるものも流されたりしてたので、翔さんが好きな人たちには思い入れのある曲なんではないでしょうか!(決めつけ)
情景や温度感が思い浮かんでくるような、翔さんだからこそ書けるであろう詩的で美しいリリック。
こういう系統の翔さんのリリック本当に好きで。去年のお誕生日に書いた「夏の名前」とかもね、素晴らしく美しいよね!小説かのような印象。
「風」や「LIFE」あたりもこの系統に勝手に入れてるんだけど、”生きるため故生きるのかい?"なんてラップに乗せてくるあたりが翔さんらしくて好き。
二人の記念日はストレートなラブソングだからか、ラップもちょい甘でいいんだよね。こういうの今の櫻井くん目線でもっとお願いしたい〜!

 

待ってるだけではしょうがない
僕は立ち止まってる方が辛い
だって僕ら見るのは昨日じゃなくいつでも今日じゃない?
(2007年 Future)

翔さんって常に前を見て立ち止まらない、攻めの一手!みたいなイメージなあるからこれ聴く度に「翔さんカッケーよ翔さん!」ってなるしわたしもそうありたいってめちゃくちゃ励まされるんだけど、ちょっと心配でもあって(モンペ発動)
昔の雑誌でも「攻撃は最大の防御」だって言ってたし、別に死にゃしないから無理しろよって自分に言っちゃう人だから。
けどそんな翔さんから伝えられる言葉だからこそストレートに入ってくるのかな、なんて思います。
それでもやっぱり無理しないでねって言いたくなるんだけどさ!モンペ!

 

はやる想い 止まる事なく 
ほかに浮かぶ様な事などなく
届かず 君のもと 轟かすclap ya handz 2times
何か期待しているわけじゃない
かけがえがない気持ちに 絶え間ない
R.and O.C.K YOU 空中浮遊
終わりなき宇宙の様 宇宙 is you
(2007年 ROCK YOU)

はい天才きたこれ。
宇宙 is youって。天才しか思い浮かばないからこれ。
しかもそこ、TimeコンDVD観ていただければわかると思うんだけど櫻井くんマイク離しながら自らフェードアウトしてってっから。天才。あのアナログ感とお顔の可愛さが最高で初見では軽く死ぬかと思いましたよね♡

 

¨あの日 君は僕になんて言ってたっけ…¨
なんて言ったってもう関係ないね
散々会って 段々分かって
季節迫り来て散々泣いて
君は君 夢 でっかく描いて
僕はここから成功を願ってる
「待ってるだけじゃ明日はないから
動いた ここじゃ始まらないから」
先の見えない暗い道路も
それが例え迂回路でも
いまは少し二人とも
つらい表情 しまっておこう
これは別れではない
出逢いたちとのまた新たな始まり
ただ僕はなおあなたに逢いたい
また…
いつか笑ってまた再会 そう絶対
(2007年 still...)

みんな大好きstillぱいせん。ベタなのは承知の上ですがわたしも大好きです。
発売当初は隠れた名曲!とか言われてたけどいまやもう全然隠れてないよね。
「Step and Go」でも思ったんだけど、翔さんって旅立ちとかそういう瞬間を切り取るのがとてもうまい。胸にグッとくるようなリリック。
はじめての国立での翔さんの表情が大好きで、生で観たあの時もそしていまも、ずっと変わらず胸に響く曲です。

 

"君のことなど興味ない"
目の奥に散らばる嘘を拾い
交錯するたびに積もる期待
非常事態 恋みたい 異常事態
君のこと思う症状 手を伸ばすただ一つの方法
l wanna say...
Don't wanna say...
No more想像 濃厚 抱擁
(2010年 スパイラル)

最高!!!←そればっかり
冒頭から、君のことなど興味ない、だからね。
ヒューヒューだよ!
これ言われたいセリフ殿堂入り過ぎる!めちゃくちゃ言われたい!どえむの血が騒ぐ!!!(おい)  そのあとちゃんと恋みたいって言ってくれるとこもアメとムチ感がすごい。
翔さんのラップって詩的で美しいものと、"ペンは剣よりも強し"を地で行くような少し攻撃的なくらいに攻めてるものと、低音の魅力満載で大人っぽくてセクシーな系統があると勝手に思ってるんだけど、これはSexy SHOWの筆頭株主
他にもSecret Eyesやマダ上ヲ、let me downとか、あっ思いのほかあるなぁ。言い足りないね。
最近だとRolling Daysとか最高でした。
全櫻井担が軽率にお陀仏(死語)したと思います!


と、ここまで長々と書いてきましたが結局また時間なくなりそうなので、そろそろまとめ。ああまだたくさん好きなのあるのに。夜を徹して語り明かしたい。


翔さんのラップで好きなものは本当に多くて1つに絞ることは到底できないんだけど、その中で選ぶとしたならやっぱりわたしはHip Pop Boogieを挙げたいと思います。

嵐のアルバム「Dream “A" Live」に入ってる翔さんソロ曲。COOL&SOULやRe(mark)ableあたりと同様の攻めの一手なかっこいい翔さんを思いっきり堪能できる楽曲です。

さっきのstill...と同じく、08年の国立でこの曲を聴いた時、この場にいれるのが本当に幸せで誇らしくて泣きそうになったことをいまでも鮮明に覚えてる。
死ぬ時に本当に走馬灯ってやつが見れるのなら絶対あの日が見れるって信じてるからね(怖い)

それほど思い入れがある曲だから、宮城でchapter IIが披露された時にその場にいられなかったことはかなり凹んだ。
その場にいられない不甲斐なさ。
だけどBDを観てわたしの怨念はあっさりと成仏した。だって翔さんは宇宙一かっこよくて宇宙一強い。翔さんが"いま"思っている言葉を届けてもらえるだけでわたしはめちゃくちゃ幸せになれるみたいだ。単純。

だめだ、全然まとまらない、語彙力カモン!щ(゚Д゚щ)
Hip Pop Boogieについてはまた改めてポエム綴りたい案件。

とにもかくにも35歳です。
34歳も忙しかったよね。久々にシングルにラップが入ったりアリーナツアーも久々だったし、ドラマもお久しぶりだった。
ドラマ、すごく良かったです。あれもまた翔さんだからこそのお仕事だったと思います。かっこよかった。
木更津入りのジャニヲタだからかな、ドラマやってる翔さん大好きです。
次は不倫とかしちゃうような悪い役観たい。絶対似合う。待ってますね( ◜◡◝ )

35歳の翔さんもきっと忙しいだろうなぁ。
忙しいほど頑張っちゃうし張り切っちゃうめんどくさい人。そこが好き。心配だけど。でもほらわたしもめんどくさい女だし。気が合う。

翔さんは「ぼくのファンは気の毒だ」なんて事を言ったりする。特定の人へのファンサはしないから、だって。知ってた。そこが好き。
なんならそんなところをかっこいいと思ってるし、だからこそ好きになったんだよってちょっと自慢に思ったりもする。
だからこれからも翔さんは翔さんらしく、その道を進んで行ってくれたら、それだけでわたしは多分ずっと幸せ。

35歳おめでとうございます。

広告を非表示にする