LIFE IS A SHOWTIME

アイドルはわたしを救う

自分語りの巻

わたしは結婚して子供ができてからジャニーズにはまった、ある意味永遠の新規である。

小学生の頃はマッチ先輩やトシちゃん先輩の映画を観に行ってたし、中学の頃は光GENJIが大人気だったのにあまのじゃくだったせいか男闘呼組を聴いていたし(逆算しないでくらさい)決してジャニーズ自体が嫌いだったわけではない。

ただ高校くらいからはバンドブームに乗っかってたしその後渋谷系を拗らせたので、ジャニーズ?ダサくね?( ^ω^ )みたいなスタンスだったことは否めない。

そんなスタンスでも妹がジャニーズ野球大会なんかにも行くようなわりとガチめなおたくだったことや、わたし自身ドラマっ子だったこともありドラマに出てるジャニーズの子達はよく知っていた。

KinKi Kidsはデビューアルバムも買ったし、いま思えばそのくらいから沼に片足つっこみかけてたのかもしれない。

そして2002年。
乳飲み子抱えて好きなアーティストのライブにも行けなくなったわたしの娯楽といえばやっぱりドラマで、そんな時に始まったのが木更津キャッツアイである。
f:id:mercikinoco:20150204181106j:plain
にゃー!!!バンビかわいすぎか!!!

クドカン好きのサブカルおばさんはあっさりハマった。
V6で1番好きな岡田くんも嵐で1番好きな櫻井くんも出てるし、なんならハマらない理由がない。

でも当時わたしの周りにはジャニヲタがいるわけでもドラマ厨がいるわけでもなく、某巨大掲示板で語り合う人たちをROMるくらいしかなかった。

ドラマですっかりバンビ櫻井くんを好きになったもののジャニーズ界隈は敷居が高い。
子が小さいこともあって、FCに入ったりコンサートに行ったりすることもない一般的な茶の間ファンだった。

はずだったんだけど。
ちょっとしたタイミングで事務所担かとまで言われるようになるとは、いやはや人生ってわからない。

ちなみに2015年現在、翔さんはもはや特別枠、殿堂入りで、いま1番推してるのは現行最強の王子様(このネーミング、キャッチーにも程があってお気にいり)中島健人くんです。

f:id:mercikinoco:20150204234438j:plain
一時期待ち受けにしてた、うん痛いのは知ってる!(∩´∀`)∩ 

茶の間抜け出したタイミングとSexy Zone問題についてはまた改めて。たぶん。


広告を非表示にする