読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFE IS A SHOWTIME

アイドルはわたしを救う

思いがけずジャニヲタの夫になってしまった夫

ジャニーズ
ソファで横になりながらTwitter見てたらあややさん発信の面白そうなタグが。
偶然にも夫がいますゆえ!ちょっと流行りに乗ってみようと思います!

夫とわたしは高校の同級生。
当時の夫はそれこそジャニーズ系爽やか男子だったので常に彼女がいてわたしはただのクラスメイト。
ちなみにいまは若干ポッチャリしちゃった普通のおっさんです。
歳月って残酷…!
本物のジャニーズとジャニーズ系じゃ大違いってことだよ!

付き合いだしたのは22?23?くらいなんだけど、その頃のわたしはジャニーズには興味がなく(とはいえミーハーなのでジャニドラマは欠かさず視聴)どちらかというとライブハウスやフェスに行ってるような女子。
結婚して子が生まれてから華麗にジャニヲタデビュー。
話が違うと思ってるはず。


①嫁がジャニヲタであることに好意的か
夫は芸能人に興味が薄くて熱烈に誰かを応援することが謎みたいなので、全力で好意的という感じではないかも。
それでもジャニーズ番組は普通に観てるし特に鉄腕ダッシュとイッテQは大好き。嵐にしやがれもかな。
スマスマトキカケあたりは時間が合えば観る。
少クラや歌番組、コンサートDVDなんかもジッとではないけど流れていればなんとな〜く一緒に観てる。
老夫婦なのでキャーキャーしててもヤキモチ妬いたりかとかは全くない。
めっちゃ好意的、ではないけど否定的でもないという感じか。

②好意的な場合どのくらい許容してくれているのか
例えば大阪で3日間コンサートがあった場合、周りに迷惑をかけないならば全部行かせてくれるくらいには許容してくれる。
ただ「同じ内容何回も観て何が楽しいん?」とは言われるし、万々歳で送り出してるって程ではないかな。
夫は山登りが趣味なので「同じ山でも登る時の気候や時間や自分のその時の心境で見える景色は全然違うやろ?そういうこと!」って言ったらわかったようなわからんような顔してる。
夫はぼんやりさんなのでそれで丸め込まれてる感じは否めないよね!
子がいるのでそこが第一優先ではあるし、泊まりでの遠征はしないのが暗黙の了解みたいになってる。
でも嵐の初めての国立だけは一生のお願い!って行ってお泊りさせてもらった!
当時末っ子が1歳児だったからすごく感謝したよ…夫いい奴!ありがとう夫!

③好意的でも許して貰えないことはあるか
エイトのカウントダウンに行かせて!って言った時だけはさすがにプンプンしてた。
「年越しは家族みんなで過ごすもんやろ!そんなん娘たちもかわいそう!他の日はいいけど年越しだけは!譲れないから!」みたいな。
子は紅白の演歌のくだりあたりで寝ちゃうからどうせ2人で年越しだけど?って言葉はグッと飲み込んで、結局は一生のお願い(またかよ)行使して行かせてもらったんだけど…夫いい奴!かわいいよ夫!
今回の健人くんソロコンも夏休み期間中だったってこともあるけど一生のお願い(2度あることは3度ある)で東京まで行かせてくれたし、常識の範囲内でなら(常識が最早わかんなくなってるけど)という大前提さえ守ればわりと許してくれてるのかな?

④夫が選ぶ最強ジャニーズ
稲垣吾郎世代なのでSMAPはやっぱり凄い!かっこいい!と思ってる模様。
TOKIOもV6もかっこいいらしい。
官兵衛は毎週楽しみにしてた。
嵐とエイトはカラオケでも結構歌えると思う。
若手だと勝利の顔はかっこいいし塚ちゃんは面白いとの事。
でもきっと最強ジャニーズは?と聞かれたら木村拓哉!って答えそう。
そう考えたらジャニーズ自体にもわりと好意的だなw
貶したりすることはあまりないかも。

⑤日々の小ネタ
営業職なので取引先との飲み会とかで嫁はジャニヲタ話すると「うちの嫁もなんですよ!」って盛り上がるらしい。
おいおい。
あと上司の娘さんがかなりガッツめなジャニヲタ(松竹座に生息)なのでそこでも話が盛り上がるらしい。
おいおいおいおい!わたしの話はマジでやめれ!!!(まがお)

夫の鼻歌がジャニーズのアルバム曲。
シングルだけじゃなくてアルバムの曲も覚えちゃったね…。

今回は3人?5人?とか聞いてくる。
そこは迂闊に触れんなよてめぇこの素人が…!

夫の部屋にやすだくんのポスター貼ってある(娘の部屋はセクゾンと嵐に占領されてるから…おっさん部屋にごめんねやすだくん…)


  • まとめ
今回いろいろと振り返ってみて、夫には感謝しないとなぁと改めて思った。
行ける範囲内で現場に出向かせてもらってるし、子連れの時以外はもちろんちゃんと面倒見てくてるし。

趣味もなくて家でジッと帰りを待ってられるより、楽しそうに何かに熱中してくれてる方がいいよ!って言われたこともある。

翔さんの事こんなに好きなのにコンサート外れた…死ぬ…とか言ってはメソメソしたり、健人くんみたいに親子ほど年の離れた子好きになるのってどう思う?とか相談したり、正直うちの嫁キテるな…!って思うだろうに生暖かい目で見守ってくれてる。

そう、その生暖かい、ってのがわたしにはちょうどいい。
束縛されるのが苦手だから聞いてるのか聞いてないのかわかんないくらいの感じで(多分ほとんど聞いてない)接してくれてるのがいいんだろうね。
ほんとに感謝しかない…ありがたい…。

いつまでこんな感じかわからないけどもうしばらくご迷惑をおかけします!
今後とも末長くよろしくだよー!
って直接言えないのでここに書いてみました。

わぁなんか今すごい優しい気持ちになってるんだけどなにこれ…明日になったら忘れてるだろけど…w